発音とアクセント

英語の発音が苦手、という人は多いと思う。日本の英語教育の構造的な問題なのだろうか、僕には分からないが、発音は苦労した。

はじめて英語の授業を受けた思春期のころは、英語を英語らしく発音するのに抵抗があった。なにカッコつけてんの、みたいな雰囲気が僕のクラスにはあったのだ。試験や受験の勉強も、もっぱら文法と語彙と読解。発音記号や同じ発音の単語を選ぶ問題は、配点も少なかったし、クイズ感覚で解いた。

やがて義務教育を終えるころになると、今度は、本当に英語が喋れるようになりたい、と思う時がくる。英会話を始めたり、海外旅行に行ったりするかもしれない。すると、きれいな発音ができないことがコンプレックスになってくる。英会話の授業で日本人があまり発言したがらない理由は、このコンプレックスかもしれない。

僕は個人的には、発音はアクセントやイントネーションほどは重要ではないと思っている。少なくとも、僕の周りのアメリカ人はそう言っていた。よくある「米(Rice)」と「シラミ(Lice)」の話ではないが、例えRとLの発音があやふやでも、レストランでシラミを食べさせられることはないのと同様、たいていの発音の問題は文脈が補ってくれる。僕はプロナンシエーションが苦手なんだけど、と友人のアメリカ人に相談したら、そんなことよりアクセントを直せ、と言われたことがある。アクセントがおかしいと、そもそもものを尋ねているのか、意見を表明しているのか、どこまでが主語で、何を強調したいのか、そういったことがさっぱり分からん、というわけだ。

というわけで、アクセントがしっかりしていれば、発音が多少まずくとも何とかやっていける。ただそれでもやはり時々は問題が起こるわけで、例えば、虫(Bug)が飛んでる、と言ったら、どこに袋(Bag)が飛んでるんだ?と聞かれたり、芝(Grass)刈りをしゃなきゃ、と言ったら、なんでガラス(Glass)を切るんだ?と聞かれたこともある。どちらも非常に分かりやすい文脈だったと思うが、悔しいことにさっぱり伝わらないのだ。

ちなみに、アメリカ人の悪友たちは、今でも僕のReallyの発音をからかう。酒が入ると、一晩中真似されるのだ。それがあまりにもうざいので、やはりアクセントだけではなく、発音も大事だなとしみじみ思うのである。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *